止まらない汗を軽減する3つの方法について

止まらない汗を軽減する3つの方法について

・「多汗症や汗かきは対策をすれば怖くない?」

 

 猛暑が叫ばれている昨今ですが暑さとともに嫌な存在なのが多汗ではないでしょうか。汗かきな体質の人、多汗症を抱えている人にとっては汗が止まらない季節というのは厄介です。制汗スプレーや化粧で誤魔化してもあまり効果がないとお困りの方も少なくないのが現状ですが、実は日頃からできる3つの対策をきちんと取っておけば汗かきや多汗症を軽減することは可能なのです。

 

「動脈を冷やして脳の温度を下げれば汗を抑えることができる」

 

 制汗方法として最も一般的な方法として知られているのがリンパ節を冷やすことです。実は正式にはリンパ節を冷やすのではなく動脈を冷やすことにより、脳温が下がるのです。そうすると脳の中の体温を調節する機能部分が汗をかく必要が無いと判断して汗が止まる仕組みとなっているのです。動脈部分を冷やす場合には保冷剤、用意できない場合は冷たい飲み物で「首の後ろ」「両脇」「太もも部分の付け根」を冷やすことで、動脈が冷え脳温が下がり制汗作用が実現できます。

 

「制汗を促す食事を摂取して軽減させる」

 

汗を抑えるには日頃の食生活にも注意が必要です。汗を抑える働きをする成分として大豆イソフラボンが代表的でイソフラボンにはホルモンバランスを整えてくれる作用があり、これにより発汗作用を軽減してくれるのです。女性ホルモンと聞くと男性は摂取できないのかと思いますが、男性でも女性でも摂取して問題ありません。大豆イソフラボンが多く含まれているのは豆腐や納豆、味噌そして豆乳等の大豆食品となっています。これらを食事に取り入れるだけで制汗作用を期待できます。

 

「自律神経を整えることにより汗かきを改善」

 

汗かきの方はホルモンバランスが乱れておりそれにより発汗してしまうケースが多いのです。汗をかく場面を思い浮かべるとストレスや緊張がかかるケースが多く、交感神経が優位な状態で汗腺を刺激してしまうのです。自律神経を整える方法としては、適切な睡眠時間の確保、そして毎日10分間程度でも構いませんので軽い運動をすることや朝目覚めた時に太陽の光を浴びることでメラトニンが抑えられ生活リズムが整いやすくなります。また朝食時に野菜や発酵食品で酵素を摂取することで自律神経を整いやすくなります。

 

・「まとめ」

 

止まらない汗を軽減する方法として3つの手段を挙げてみましたが、どれも日常生活で実践可能なものばかりですので毎日少しずつでも実践していくことにより、制汗効果が期待できると思います。"