緊張性の手汗への対策、心のケアを

緊張性の手汗への対策、心のケアを

緊張したり、ストレスを感じると手汗をかいてしまう、という人は少なくありません。

 

 

多汗症ではないという人も、少なからず精神的なものによって手汗はかきます。
ただ、大事な仕事のときや異性と手を繋ぐときに限って手汗をかいてしまって気になる・・という人のために、緊張性の手汗への対策をご紹介します。

 

そもそも手汗をかきやすくて悩んでいる人にありがちなのが「汗のケア」にばかり気をとられて「心のケア」をしていない、ということにあります。

 

多汗症の場合、皮膚科や整形外科などで治療を受けることが可能ですが、精神的なことで手汗をかいてしまうというのであれば、汗の治療と同時に心の治療も行っていかなければ治すのは難しいです。
もしパニックになったり、緊張して体調が悪くなる、汗の量が異常だと感じた場合はすぐに皮膚科や精神科で相談してみるようにしましょう。
ただ、そこまで深刻なようでなければ、常にカバンの中にパウダー系の制汗剤とポケットの中には吸水性の良いハンカチを入れて持ち歩いてみてください。
実はこれらは使うというよりは「持ち歩く」ことにとても意味があるんです。

 

人間の心は不思議なもので、「汗をかいても大丈夫」と思い込むだけで安心して緊張が減り、汗の量が減ることがあるんですね。

 

「汗をかいたらどうしよう」という気持ちをうまくコントロールして、汗をかいても大丈夫なようにハンカチやタオルを多めに持ってみたりするだけでかなり結果は違ったりもします。また、手汗をかくのは自分だけじゃない、と思うようにしましょう。
どんな人も緊張すると手汗をかくのはあることなので、デートの際などに「緊張して手汗かいてるけどごめんね」と一言言ってしまえば、自分が思うよりも相手はそこまで
気にならないし、汗をかいていたとしても嫌だと感じる人は少ないのです。

 

また、大事なプレゼンや挨拶のときなどは爪をもむのが効果的です。

 

爪をもむと掌全体が温まって余計汗をかくという人もいますが、そんなことはありません。

 

緊張性の手汗はむしろ掌が冷えている状態でかく人も多いですし、爪の先には神経が沢山あるのでこれを少し強めにつまんでマッサージすると、
自律神経が調節され手汗をかきにくくなります。ハーブ系のオイルや、ハンドクリームをつけるとリラックス効果もあって良いですね。
以上、緊張時の手汗に関する対策をご紹介しました。

 

深刻になりすぎると体にもよくありませんから、自分にあった対策をチョイスして前向きに症状と向き合ってみてください。