緑黄色野菜を食べないと健康は損なわれ、病気のリスクも高くなる

緑黄色野菜を食べないと健康は損なわれ、病気のリスクも高くなる

健康な体づくりのために人間は緑黄色野菜などの野菜を摂る必要があります。

 

 

野菜が健康にいいとされる理由の一つが、野菜の種類によって多少の違いはありますが、共通して言えるのは【豊富な栄養分を含んでいるから】です。緑黄色野菜には、食物繊維、リコピンやビタミンや鉄分、カロチンやカリウムなどの栄養素がたくさん含まれています。これらはすべて、体の機能を正常に働かせるためには欠かせない栄養素なのです。

 

 

例えばニンジン。ニンジンの主成分であるカロチンは、粘膜を補強したりして免疫力を高める働きをしてくれたり、ガン予防にも繋がります。トマトに含まれるリコピンには、抗酸化作用があります。悪玉コレステロールを低くしてくれたり、トマトにはカリウムも含まれているので、高血圧予防の働きもあります。ほうれん草には、ヘモグロビンの主成分である鉄と、体内で鉄の吸収を助けてくれるビタミンCを多く含んでいるので、貧血防止にもなります。そしてブロッコリーには、なんとレモンの約 2倍ものビタミンCが含まれているので、美肌効果にもってこいです。

 

 

 

そのほかにブロッコリーには、胆汁の分泌を促して、肝機能を活発にする働きもあるので、ガン予防や老化防止の作用もあります。小松菜はとても多くのカルシウムや鉄分、そして食物繊維もとても多く含んでいるので、便秘解消にも役立ちます。オクラにはカリウムがたくさん含まれており、カリウムにはナトリウムを排泄する役割があるので高血圧に効果があるとされています。

 

 

 

カルシウムも含まれているので骨を丈夫にし、健康を維持したり、イライラの解消にも効果がある食材です。また、これらの野菜を多く摂取することにより、お腹も満たされ、おまけに野菜はカロリーがとても低いので、糖尿病や肥満などの病気の予防にもつながります。このように、人間の健康な体づくりのために、緑黄色野菜はとても欠かせないものなのです。緑黄色野菜を摂らないでいると、健康は損なわれ、病気のリスクも高くなってしまうので、緑黄色野菜は人間にとって必要不可欠なものなのです。