体臭の改善には皮膚の清潔を保つことと食生活の見直しが一番

体臭の改善には皮膚の清潔を保つことと食生活の見直しが一番

人それぞれ体臭というものを持っています。しかし、その強さには個人差があるので、人が気になるほど体臭が出ない人もいれば、周りの人が嫌がるほど体臭が出る人もいるのですね。どのようなことが体臭に影響しているのでしょうか。

 

皮膚は呼吸をしている、だから体臭が発生する

 

体から臭いが出ているとき、もしかして口臭が原因?と思うことが少なくありません。しかし口臭を気を付けても、体臭がずっとあることもあります。この原因は、皮膚からの体臭発生なのです。

 

私たちの皮膚は、常に皮膚呼吸をしています。これは基本的な代謝であるため、どの人も同じように皮膚呼吸を行っています。しかし前日食べたものの影響で、臭いが出ることもあるのですね。例えばアルコールやニンニクなどがわかりやすいでしょう。たくさん食べた次の日、そのようなニオイが続くことがありますね。これは皮膚呼吸により、代謝され、ニオイも出ているということになるのですね。

 

そのため体臭が気になる人は、一度にたくさんのニオイが強いものを取らないようにするということも大切です。

 

皮膚の雑菌がニオイの発生源になることもある

 

皮膚呼吸をしていても、皮膚の清潔が保たれていれば、それほど強いニオイに変化することはありません。しかし皮膚の上には常在菌というのが存在します。この常在菌の存在によって、皮膚に汗が出たり、老廃物がたまると雑菌が繁殖し、ニオイの原因になるのです。
これを一日一回でも清潔にできれば問題ありません。しかし、洗い残しがあったり、また代謝が活発になるような動きがあると、汗が出たりして体臭につながってしまうのですね。

 

 

 

体臭の改善には、皮膚の清潔を保つことと食生活の見直しが一番です。これを気を付けるだけで、体臭の度合いが異なります。一度体臭のついてしまった衣類や靴などもなかなか消すことはできません。そのため新しく新調するとともに、皮膚を一掃するといいのですね。